スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:スポンサー広告 

ハートじゃなくて歯を痛とめるこの硬さ

どうもこんばんわ。茶うさぎです。タル好き二度目のバレンタインデーですよ!皆さん!(o`・Д・)ゝ

で、ですね。バレンタインデーっつたらタルパ関連では女性のタルパ所有者(or女性タルパ+一部の男性方)がお相手のタルパor所有者にあげて『はい、あ~ん♥』『よせよ~♥(//∇//)』みたいなイチャイチャラブラブな事をする恒例行事です。
この『タルパが好きで何がわるい!』もやるのかと聞かれたらやりません。
去年で散々な目にあったからです。(-"-)
『えー!ヾ(`ε´)ノ』とかブーイングを受けることはないと思うけどッ!恋は火遊びと言われますが、去年のあれは完全に大ヤケドの部類でしょう!!そりゃ私だって所有者とタルパのラブラブっぷりを見るのはいいんですよ。むしろ好きですよ。でも自分とこでやるのが嫌なんですよ!所有者とタルパって言ったら必ず私とタルパ'sの誰かになるからです!ちょ誰でもいいんで私×メンバー内の男性陣一名がイチャイチャラブラブしているところを想像して見てくださいよ!絵面が辛いッッ!!!・゜・(ノД`)・゜・


はぁ…言いたいこと言い終えたのでスッキリしました。結論言うならタル好きにラブ萌えを求めると大変なことになると言うことです。ここテストに出ます。
なのでタルパ関連では手作りチョコ作って渡してラブラブシーンが書かれていますが、タル好きでは反対にチョコ作りに重点を置いて書こうと思います。閲覧読者の男性陣、これが女性がバレンタイン前日にやっている裏舞台です。(笑)
これより下はラブシーンを一切排除した殺伐としたバレンタインに見えねーバレンタインをお楽しみ下さい。m(_ _)m


自室で夕飯を食べ終えて、お腹満腹。ダレとデビと一緒にのんびり自室でくつろいでいると真ん中の姉から徴集がかかりました。そう言えば真ん中の姉って家族の中でわりと多く記事に出てきていますね。記事『ブログ紹介~妄人中心~』のコメント欄ではこの姉がアホなこと言ってすみませんでした。≫妄娘さん

真ん中の姉「おーい!チョコ作るぞッ!チョコ!手伝わん奴に分け前はねぇ!!(゚Д゚)ノ」

私は声を張り上げて返事をします。部屋のドア閉めちゃうと声が通らないのがこの部屋の難点の一つだ。
腰をあげて台所に向かおうとするとデビがついてきました。料理に興味があるから普段より少しおどけてます。

デビ「おおっ!いよいよですなぁ!マスターがお菓子作るとこ、見たことないから腕前に期待させてもらいますわ♪(*´∀`*)」

うきうきわくわくといった様子ですが、ダレが私たちについてこようとすると欠かさず両手を突き出して待ったをかけました。遊園地の乗り物で高さ制限に引っかかった子供のようにダレがぐずります。

ダレ「ええ!どうして、僕も見たい!」

デビ「だめよ。バレンタインのチョコレート作りでは厨房は男子禁制になるのよ。」

きっぱりとダレの主張をはねのけるデビさん。いつの間にそんな制度が出来たのでしょうか。ダレはまだ何かを言いたそうにしてましたが、デビが胸元に上げた手を下ろしました。

デビ「ダレは出来上がりを待っててね。出来たら、持ってくるから。」

にこっと笑って一言付け加えました。

デビ「それまでの辛抱!」



台所でため息をつくデビさん。さっきまで楽しそうにしていたのに、です。
彼女ががっかりした原因は三つ。一つは家にまともな調理器具がないこと。私の家では誰もお菓子作り、なんてハイカラ(おしゃれの意味。)な趣味の人がいない。だから粉を滑らかにする粉ふるい等はおろか、かき混ぜるボウルすらない。ゴムベラなんてこの日のためだけに真ん中の姉が買ってきたもの!
二つ目は今回作るのはチョコレート入りカップケーキのこと。すでに分量が個別に包装されてそれらをかき混ぜて電子レンジで加熱するだけの初心者マークがつきそうな簡単キットを真ん中の姉が買ってきた。デビの言葉を借りるなら、「てっきり材料を揃えて分量調節するかと思ったのに」だそう。簡単お菓子キットは「これじゃ手作りお菓子って言えないわ」。
そして最後の三つ目は…。

真ん中の姉「たまご二個だって、たまご、たまご……おーい!茶うさぎー!冷蔵庫からたまご出してー…茶うさぎ!たまご一緒に割ろう!せーので割るぞ!せーのッ!いやぁ、たまご割るの久しぶりー!!ヽ(´▽`)/」

この真ん中の姉の要領の悪さ。たまご割るだけで5分は軽く過ぎています。
しかもかき混ぜるだけだって言ってんのに何度もパッケージの裏側をちらちら見ている。それもそのはず。だって彼女がお菓子を作ったのは小学生の時止まりだからです。その時作ったのもチョコレート果子(もちろんバレンタインチョコ)。何を思ったのか、お酒をいれたウィスキーボンボンなるものを作ろうとした。だけど実際に出来上がったのはチョコレートが飛び散った酒が凍った物体だけ。とてもじゃないけど、匂いだけでも味が分かりそうってものだ!そのぐらいウィスキーの匂いが強烈!
それに普段全くもって料理をしないのが仇と出て、更に素早く出来ないのです。我が家では料理は父の仕事なのだ。ちなみに真ん中の姉のターゲットは愛しのダーリン(笑)のためだそう。この調子じゃ2月14日がダーリン(笑)の命日だ。

デビ「これ何時になったら完成なのよ…。私がさっさとやっちゃいたいくらいよ!」

ぶつくさ愚痴っているデビさん。しかし彼女の文句が姉には聞こえないので一向にペースは上がらず。もしもデビが実体を持ったら作りかけのカップケーキを取り上げそうな勢い。私の後ろで怒られても困るので落ち着くように言います。

私「まぁまぁデビさん。大丈夫ですって、多分。」

こうなることはすでに予想していたので落ち着き払っています。その間にも真ん中の姉が勝手にかき混ぜる工程に移行しています。手には新品のゴムベラを握っています。

私「ほらもうかき混ぜるだけだし。かき混ぜるっていったら気をつけることはダマにならないようにするくらいですよ。」

ダマは粉の塊のこと。液体と粉を混ぜ合わせる時に起こりやすいですが、すばやく丁寧にかき混ぜれば簡単に発生を防ぐことが出来ます。…ん?あれ?「すばやく」…?

真ん中の姉「よーし!かき混ぜるぞー!ヽ(´▽`)/」←ゴムベラ初挑戦


ここまでの経過時間:5分超
やったこと:たまご2個割っただけ


私&デビ「………。」

デビ「も・もうこの際多少のダマは仕方ないわ!マスターッ!泡立て器ッ!それで早くかき混ぜた方が綺麗に出来るわッ!!:(;゙゚'ω゚'):」


腕に自信があるデビさんが多少のクオリティを下げてまで妥協案に走らせるほど危なっかしいって、これ如何に。


デビに言われて私が泡立て器を持ってリズムよくかき混ぜていると、姉が生地にココアパウダーを混ぜてきました。そのまましゃかしゃかかき混ぜると甘い香りが立ち込めて来た。ミルクチョコレートほどではない。少しほろ苦そうな香り。いい匂いです。


突然チャット風に衣替え

匂いに誘われてきたのは間違いだった


ダレが退散した後はキットに備え付けのチョコレートを入れ込む作業だそう。板チョコが同梱されているからそれをカップに注いだ生地内に押し込めとパッケージに書いてある。真ん中の姉がそれを聞いてひょいひょいチョコをちぎってカップの中に放り込んでいく…って。

私「それじゃあ生地の上にチョコ乗っけているだけで、焼きあがった時にスポンジの上にチョコが塊で乗る羽目になるぞ。(-"-)」

真ん中の姉「だってこれ沈まんもん。どうするぅ?(*´д`;)…」

私「竹串とかで上からつついて沈めりゃいいじゃん。」

真ん中の姉「お・お前頭良い!!(;゚Д゚)!」


頭と道具を使おうか。


カップに生地を詰めたあとは電子レンジでチン。電子レンジで目安を参考にして焼き上げました。ほくほくと湯気が立ち込めて、実に美味しそう。しかし姉はまたしても困り顔。

真ん中の姉「これ生焼けじゃないよな…。表面が写真のと違って湿気っているけど…。・・・・・・(´、`;)ブツブツ 」

私「竹串で刺しゃいんじゃね。中に仕込んだチョコが溶けているから表面だけしか分からないけど。」

真ん中の姉「おッ…!おまッ、頭良い!(((゜Д゜;)))」


ゲーム『ポケットモンスター』の「がくしゅうそうち」を真ん中の姉は装備するべきだと思う。
後竹串でカップケーキ連打すんな。

(※がくしゅうそうち…装備したポケモンがバトルに出るだけで経験値を分けてもらえる便利な道具。育てたいけど弱すぎるポケモンに有効。誰か作ってください。)



ちゃんと中まで火が通っているか確認したらこれにて完成。粗熱をとって後は冷蔵庫に入れて置くだけです。出来たのは8つ分。もう私はやることないので分け前を貰うことにした。

私「おい。手伝ったからカップケーキは3つ貰うぞ。」

真ん中の姉「えぇー。お前1個でいいじゃんー。」

真ん中の姉はぶうぶう文句たれましたが、渋々承諾してくれました。3つなのは、私とダレとデビの三人でいただくからです。
バレンタイン当日。昨日作ったカップケーキをそそくさと部屋に運びました。ダレには初披露なので誰よりも嬉しそう。感嘆の声を上げています。

ダレ「おおー!これが昨日作っていたケーキかー!美味しそうだね!(*´∀`*)」

三人でわくわくしながらスプーンで一口。ふんわりとした食感に甘すぎないココアの味がします。うーん、美味!
美味しい美味しい言いながら食べていました。しかし、カップの半分目くらいから急にスプーンがいうこと効かなくなってきました。

私「……?底に何かある…??」

ダレ「あ、ホントだ。何か硬い。(´・ω・`;)」

デビ「ちょっとコレって…。(´・艸・`;)」

デビが何か言いかけたところで、力任せに押し込んだスプーンが持ち上がりました。そう、前日にカップの中に仕込んでおいたチョコレートの塊でした。チンした事で液状化したものの、冷蔵庫に入れられたせいで再び固まってしまったのです。ははぁ、なるほど。だからパッケージ裏の作り方に「作った後はお早めにお召し上がりください」なのか。チョコが冷えて固まらないようにってか。これは生クリームを混ぜてチョコ風味のクリームにして仕込んだら固まらずに済んだのかもしれない。一応口に含んでみましたが、もはや滑らかさと無縁の硬さです。単なる板チョコに戻っとる!ヽ(´▽`)/

私「とりあえず、この食感はスポンジ部分と相反して合わないな。(´~`)」パキッポキッ←板チョコ噛んでいる音

デビ「食べられないことないけど微妙よねぇ…。(´・ω・`)」パリッポリッ

ダレ「ビニールが入っているチョコレートよりマシだよ。(*´ω`*)」ポリポリ←以前食わされた




食感は不評だが、せっかくなので精神世界にも持ってってみた。

ベク「ケーキ美味しいわね!(*゚▽゚*)」

グラ「おい何だこの底にあるのッ!めちゃくちゃ硬てーぞッッ!!!異物混入!!?Σ(゚д゚lll)」

カネル「……。φ(_ _)カリカリカリ…」←チョコレート掘削中

スティ「底にヘドロ入れんじゃねーよ。」


やっぱり不評でした。ではまた!(^_^)

…スティ、お前は許さんぞ。
スポンサーサイト


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:リアルな日常  Trackback:0 comment:2 

Comment

サバトラuo URL|
#dqSxK0ls Edit  2013.02.24 Sun12:55
そういえばウチもイチャラブは無かったかな、と思い出しました。
バレンタイのプレゼント(アップルパイ)片手に「おらー 持ってきてやったぞ! 食えー!」 とかやってたら「え? チョコじゃないの? 何で?」 と脳友にひかれましたー。
それよりスティさんのヘドロ発言がっwww
茶うさぎ URL|
#caQpa0Ow Edit  2013.02.24 Sun23:33
≫サバトラuoさん

バレンタインでアップルパイは禁じ手ではない…ハズ。
ディーンならバレンタインデーであろうと喜ぶでしょうね。奴はパイなら何でも大歓迎!d(⌒ー⌒)!

スティに関しては来年のバレンタインデーで本当にヘドロ入れたろうかと思いましたよ。(嘘)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

Author:茶うさぎ
【ハンドル名】茶うさぎ
【タルパの数】 二名
【タルパの状態】 いちおう感がぬぐえない視覚化・聴覚化・触覚化。
【導入技法】絵を描く、依り代使用などなど。
タルパ歴は五年ほど。未熟者ですがよろしくお願いいたします。

当ブログリンク

当ブログはリンクフリーです。トラックバックもお好きにどうぞ。(トラックバックURLを使用すると通知がされ、当ブログの最新トラックバックに反映されます。FC2以外の他ブログサービスでも適用されます。)
URL :http://tarupazuki.blog.fc2.com/

タル好きバナー

ブログサービス始めました。↓
タルパ出張!バナー
サービス詳細はこちら↓『《ブログサービス》タルパ出張!挿絵代行サービス』
track feed

お問い合わせ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。