スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:スポンサー広告 

むにむにゲシュタルト崩壊とむにむにマッサージ

今年のゴールデンウィークはどこにも出かけませんでした。茶うさぎです。例年通りです。ヽ(´▽`)/
皆様は楽しい時間を過ごされたかと思います。

いつまでも長期休みモードだとブログも長期休みモードになりかねないので、ここは一つけじめをつけて日常話でもしましょうか。
それでは、本編をどうぞお楽しみ下さい。あ、ちなみに話の時間軸としてはまだゴールデンウィーク直前のとこです。



夜に、私は自室で寝転んでいた。ぴたりと床にくっつけた背筋が伸びて気持ちいい。
足だけは座っている。分かりやすく言うなら、正座から上半身だけ後ろに反っているのだ。昔からこのポーズが出来る。起きようと思えば起きれるけれどしない。このポーズはすっかり意欲が低下してやる気を失ったポーズである。
寝返りでもうとうかと体に力を入れた時に、上から声が降ってきた。ダレが私の顔を上から見下ろした。

ダレ「あれ?今日はパソコンしないの?」

いつもならパソコンにへばりついているのに、今日はないことが不思議に感じたらしい。きょとんとした素振りだが少しだけ嬉しそう。
頭をぽりぽりと掻いて、めんどくさいけど体を起こした。人に話を聞いてもらう時はまず自分が聞く体勢になるのが礼儀だ。

私「書くネタもあるし時間もあるけど。今日はブログお休みデー…今、私が作りました。」


このブログの更新率の約90%は茶色いうさぎの気分によって左右されます。


ダレ「そうなんだ。じゃあ今日はパソコンしないから早く寝れるね。」

右肩を自分で揉みながら私も頷きました。

私「まぁ早く寝るとしましょうか…肩もこっているし。」

肩を揉んでてひらめく。そう言えば「タルパにマッサージしてもらったら気持ちよかった。」とどこかの書き込みで見たことがあるなぁ…。前からやってもらいたいと思っていたからちょうどいい。

私「あ!ダレさん、マッサージしてくださいよ、マッサージ!時間もありますし!ヽ(・∀・)ノ」

ダレ「マッサージ?いいけど。(・ω・`)」

ダレさんの了承も得たところでタルパマッサージ開始。
肩こりに効く事まで期待はしない。あくまでスキンシップの一環なのだ。


手順としてはこうだ。
布団の上で私がうつ伏せになり、ダレが揉むというだけ。手順というほどでもないシンプルな方法だ。
手始めに、と最初はふくらはぎを揉んでくれるらしい。…?何だか、ダレが揉んでいるところに力と暖かさがある。自分で思い込んでいるだけでかもしれないけど、ぼんやり気持ちいい。
デビも途中から加わって、快くマッサージに協力してくれた。肩を揉んでくれるそうな。

デビ「こっちの体でも効くのかしら…。('_'?)」

私「一応気持ちいいですよ。」

デビ「ふーん……あら、右肩がすごく硬い。こってる?」

私「右利きだからなぁ。酷使しとるかもしれん。」

デビ「体はいたわらないとね、マスター。」

他愛もない事をおしゃべり。たまにはほのぼのってのもおつなもんだ。

私「あ!そうそう、私、こう見えても昔マッサージすることで人に褒められたもんなんですよ。こうね、むにむにっと指の腹で押してあげるのがコツでしてね。( ^∀^)b」

デビ「へぇ~…じゃあ、はい。」

デビが空いた左手をすっと私に差し出してきました。いまいち状況が飲み込めずにおろおろする。

私「え、デビさん、こりゃ一体…。( ^∀^;)b」

デビ「得意なんでしょ?さっきからあなた、してもらっているだけじゃない。ちょっとはやらなきゃ。(・_・)b」

私「あんてこったい…。」


言いだしっぺの法則を忘れていました。
(きじ)も鳴かずば撃たれまいに。


(※雉も鳴かずば撃たれまい…野生の雉も鳴いて自分の居場所を教えなかったら、狩人に銃を突きつけられることもなかっただろうということ。転じて余計なことをしたばかりに損をすること。ブログ更新サボリ魔・茶うさぎはスナイパー・デビさんに狩られました。)

しぶしぶデビさんの左手を揉むハメになった。
ダレが右足を揉んでて、デビが右肩もんでて、私はデビさんの手を揉んでいる…。あ、あれ?この状況はもしや…。( ̄◇ ̄;)


むにむにタイム


何、この謎の図。


私「あんたいつまで右足ばっか揉んでるねん。」

ダレ「僕!?Σ(゚д゚lll)」


右ふくらはぎへのこだわりは分かったから他のところをやって欲しい。


私へのマッサージを終了して、最後にダレがデビの肩をとんとんと叩いてあげました。
最初は気持ち良さそうでしたが段々とデビさんの眉間にしわがよる。

デビ「ダレ、ちょっと痛いんだけど…。(-"-;)」

ダレ「わわッ!ごめんごめん!ヽ(´Д`;)ノ」

あわあわと慌ててダレが手を離す。デビは肩をさすっていた。

デビ「もう。
そういえば…ダレはしなくていいの?何も言ってないけど…。」

ダレ「僕はいいよ。」

私「遠慮せずにやってもらえばいいじゃないですか。(。-∀-)」

と、ここで私が口をはさんだ。
デビさんも賛同してくるけど、ダレがきっぱりと言い放った。

ダレ「だって、寝れば疲れなんて取れるじゃないか。」

私・デビ「「( `д´) チッ!!」」←取れない人達


舌打ちが見事なハーモニーを奏でました。



ではまた。
スポンサーサイト


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:リアルな日常  Trackback:0 comment:2 

Comment

|管理人のみ閲覧できます
# 2013.06.23 Sun13:59
このコメントは管理人のみ閲覧できます
茶うさぎ URL|
#caQpa0Ow Edit  2013.06.25 Tue23:29
≫秘密コメントの方(Aさん)

はじめまして。(^-^)

ダイブのやり方ですか…うーん、リンク先のブログやタルパまとめを参考にするのが一番かと思います。
不親切ですが、基本的にタル好きは詳しいタルパの説明を避けています。理由は延々と話し続けてるとオカルトLOVEな方々専用のブログと化して門を狭めてしまうからです。客を選んでしまうからって言ったらいいですかね。せっかくのネットなんですもの、閲覧者の門前払いはしたくないですね。
後、あれです。私に説明力がないからかな。(爆)
でもまぁ記事にしてってのではなく、個人的にくれって場合はメールとかで送りますよ。文章クソ長いことウケアイなので覚悟してくださいね!( ̄▽ ̄)

私と友達ですか。
もちろんウェルカム!茶うさぎは来るもの拒まず主義ですよ!よーし、今から友達だ☆ヽ(´▽`)/←図々しさに拍車がかかった!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

プロフィール

Author:茶うさぎ
【ハンドル名】茶うさぎ
【タルパの数】 二名
【タルパの状態】 いちおう感がぬぐえない視覚化・聴覚化・触覚化。
【導入技法】絵を描く、依り代使用などなど。
タルパ歴は五年ほど。未熟者ですがよろしくお願いいたします。

当ブログリンク

当ブログはリンクフリーです。トラックバックもお好きにどうぞ。(トラックバックURLを使用すると通知がされ、当ブログの最新トラックバックに反映されます。FC2以外の他ブログサービスでも適用されます。)
URL :http://tarupazuki.blog.fc2.com/

タル好きバナー

ブログサービス始めました。↓
タルパ出張!バナー
サービス詳細はこちら↓『《ブログサービス》タルパ出張!挿絵代行サービス』
track feed

お問い合わせ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。