スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:スポンサー広告 

海猫を「海にいるネコ」と思うのは誰しも通る道だと思う

やっとこさ及第点の出来になったので、スマートフォン版のテンプレートを変えた茶うさぎです。
ちなみにTOP絵はダレさんにしました。拍手ボタンをリストラされたので再就職したことでしょう!( ̄ー ̄)ニヤリ

さて今回はダイブの記事なのですが…「いい加減さっさとデッサン記事書けよ!(#゚Д゚)ゴルァ!!」等のお声が聞こえてきそうですね。ま、まぁちょっち待ってほしいです。なぜならこのブログを読んでいる方が全員が全員、デッサンの基礎が入っているのかすら分からないからこそ丁寧な説明付きでやりたいなーと考えている訳です。…と、言うかさっさとタルパデッサンのアドバイスが欲しい方はしぐぼんさんにお聞きくださいな。彼女のコメント読む限りでは絵の知識を持ち合わせているようですし。( ̄▽ ̄)b←勝手に人に押し付けやがった!


さてさて、今回はデビさんも一緒にダイブしました。いつも通りにグレディ屋敷の玄関で靴をスリッパに履き替えているとデビがこんなことを言ってきました。

デビ「…いつ見ても不思議よね。家の中でスリッパに履き替えるなんて。」

ちなみにグレディ屋敷は私以外みな土足。

私「そうかぁ?…私からしたら皆がソファーに座るときも土足なのが不思議でたまんないけどね。」

デビ「玄関マットで足の裏を綺麗にするから汚す心配ないじゃない。それよりもおかしいのは靴を履き替えるのに玄関マット敷いてる家よ!意味ないじゃない!(`Д´*)9」


確かに。玄関マットを敷く理由は外からの靴汚れを家に持ってこないために敷かれるもの。履き替えるとなると靴汚れを家に持ち込むことがないから不必要…かな?


私「う~ん、帰るときに靴底が綺麗だと気分いいから…?」

デビ「なーにそれ。( ´Д`)=3ハァ…」


ため息つかれた。


さて、リビングにいたカネルさんに事情を話して〝ある人物〟の元へのまどを開いてもらいました。

私「・・のとこに行きたいんだけど。」

カネル「やめといた方がいいぞ。(-"-)」

グラ「俺ついてってもいい?知らんし、そいつ。+(0゚・∀・)+ ワクワクテカテカ +」

ベク「グラも行くならあたしも行く!o(・∀・)o」

私「ダレは?」

ダレ「やめとくよ。あんまり大人数だと迷惑だからね。デビはどうするの?」


そう迷惑かかりそうな場所じゃないけどなぁ…。広いし。


デビ「ダレと同じで遠慮したいけど仕事だからついてくわ。なによりこのメンバーだとほっておく方が迷惑だと思うし。」

私「スティは?」

スティ「パス。」

訪問メンバーも決まり、いざ別の物語の世界へ!(⌒∇⌒)ノ


まどをくぐった先には見事なバラの庭園と大きな屋敷が目一杯広がっていました。息を大きく吸い込むとほのかに潮風を感じます。海が近いってことですね。

私「ふぃ~、さーてベアトリーチェはどこかいな~。(・ω・三・ω・)」

カネル「後ろ。」

カネルの言った背後には一組の男女が立ってました。女性は黒く長いドレスに金髪の方でした。男性は長身で白のスーツにピンと立った赤髪でした。二人とも急に現れた私たちに目が真ん丸です。
私が行動を起こす前に先に女性が行動を起こしてきました。



ベアトリーチェ「本当に久しいな!元気であったか!?」

ちょっとこんなに心配していたとは予想外でした。こんなことならあの後すぐこっちに来て報告すべきだったかなぁ…。なぁんて考えているうちに、ベアトリーチェが指をパチンッと鳴らして金色の蝶逹を呼び出しました。蝶逹は一ヶ所に集まると人数分の椅子と白いテラステーブルへと姿を変えました。すいっと手を差し出して席に座るよう促しました。

ベアトリーチェ「さぁさぁ、立ち話も難だから座って語り合おうではないか!(人´∀`)」

私「いやここ通路のド真ん中じゃないすっか。」

ベアトリーチェ「よいよい!屋敷の主である妾(わらわ)が許可するのだからいいのだ!」

戦人「まだ本邸はお前のもんじゃないからな!ベアト!(`Д´*)9」


使用人の皆さん、ごめんなさい。自称屋敷の主がどきません。(泣)


皆座ったとこでベアトリーチェがしげしげとそれぞれの顔を眺めながら話を切り出しました。

ベアトリーチェ「ところで・・・何人か見なれぬ者が混じっておるな。」

そう言えば私、ベアトリーチェは顔見知りだけど戦人(ばとら)とは初対面だなぁ。

私「観劇者・・・の、茶うさぎです。」

なんか立場をわざわざ口に出すとこがダイブ世界の変なところですよね。若干こっぱずかしいぞ。(〃ω〃)

グラ「俺、『○○○』の主人公のグラ・グレディ!( ・`ω・´)」

カネル「・・・『○○○』のカネル・フレックだ。」

ベク「ベクよ!物語はグラとカネルとおんなじ!o(*'▽'*)/☆゚’」

デビ「元、『●●●』のデビ・ヘムロックよ。・・・皆「元」を付け忘れているわね・・・。」


ホントだ・・・気づかなかった。意外とうっかりしてるな。≫デモ組


戦人「別に付けなくってたっても分かるぜ?(・・?)
俺は『うみねこのなく頃に』の主人公の右代宮(うしろみや)戦人。んでこっちが
ベアトリーチェ「同じくッ!妾こそ『うみねこのなく頃に』、六軒島の魔女、右代宮家顧問練金術師、無限の魔女、そして黄金の魔女!ベアトリーチェであるッ!・・・以後よろしくな♪」

ダンッと勢いよく片足乗っけて演説しちゃったものだからテーブルがバランスを崩しかけましたが、なんとか皆で支えて事なきを得ました。ちょっとデビさんの表情が煙たがっている様にも見えました。

グラ「称号多いなー、あんた。どれで呼ぶのか迷いそうだな。」

私「黄金の魔女でいいと思うよ。( ̄▽ ̄)b」

ベク「魔女ってことは魔術が使えるってこと?」

ベアトリーチェ「うむ!もちろんだとも!妾に出来ぬことはないのだ!(⌒∇⌒)ノ」

デビ「じゃあベク達と同じく魔術が使えるってことね。スゴいじゃない!」

デビさんがそう言うとベアトリーチェとデモ組が眉をよせて適当
な言葉を探すように言い出しました。

ベアトリーチェ「あー・・・、全く同じ魔術が使えるわけではないのだ・・・。なんと言うか、こう、微妙に違うと言うか・・・。」

グラ「魔術使えないやつに多いんだけどさ、その質問。
なんて言ったら分かるかなぁ・・・系統?みたいなのが物語ごとにあってさ、一くくりに魔術や魔法と言っても皆同じのが使える訳じゃないんだよ。例えば・・・炎を出す魔術があっても、物語が違うと基本的に使えないんだ。習う・習わないの問題じゃなくて、素質的に出来ない・・・みたいな?」

カネル「つまり物語内で定義された魔術でないと行使することは不可能と言うことだろ。」

グラ「おう!それそれッ!その考え方でおk!」


なんか色々ややこしいですね。


ベク「あたし達の魔術も何でも出来るも~ん!(・3・)」

ベアトリーチェ「なぬッ!?Σ(゚д゚ノ;)ノ・・・だがまぁ妾の魔術こそが一番素晴らしいのだがな♪」

ベク「あたしのとこが一番スゴいだもん!ねー、グラ!」

グラ「ああ、物語一の魔術ってとこは譲れねー!(乂д´)」


なんか「おらが村こそ日本だ!」、「なーに言っとるべさ!おらの村こそ!」って言い合っているみたいですね。
愛国心ならぬ、愛物語心があるのかもしれません。

その後は雑談混じりながらの近況報告をして、今回のダイブを終えました。
ちなみに私のコメントをきちんと読んでる方なら矛盾に感じたと思うのですが、ジューニーの時が他の世界に行くのが初めてと言ったのにどうしてベアトリーチェと知り合っていたのかと言うと、彼女、只者じゃないんですよ。こちらの世界にも影響を出せる数少ないダイブ世界の一人なのです。最初いきなり幻視化して現れたもんだから驚いたぞ。《(;´Д`)》≫ベアトリーチェ
ま、この手の話はまたの機会にいたしましょう。上手く行けば高度な能力を兼ね備えたタルパ創りに役立つかもしれませんね。

それではまた。(* ̄▽ ̄*)ノ"
スポンサーサイト


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:ダイブな日常  Trackback:1 comment:2 

Comment

14番 URL|http://sci7occ2no14.blog.fc2.com/
#- 2012.05.06 Sun03:34
どうも。絵描きとしては最低辺の14番です。いつか、ホントに「つくってあそぼ」のワクワクさんレベルの優しさで教えて頂きたいなぁー(チラッ

うみねこですか‼なんかダレさん達と仲良く出来そうですね。親和性高そう‼
……雛見沢だと、なんかみなさんホームステイに来た人みたいになりそうかも。
茶うさぎ URL|
#- 2012.05.06 Sun09:36
≫14番さん

ん・・・??なんでタイトル欄にURL入れたの・・・?('_'?)
ここではURL欄に入力すればテキストリンクに切り替わりますよん。

ワクワクさんレベルって読み手はeasy(和訳:易しい)モードでも書き手はlunatic(和訳:狂人)モードじゃないっすか!Σ(-∀-;)
さすがにあの難易度はワクワクさんのみが行使出来るものであって・・・!まぁ頑張ります。

うみねこは最初、カネルのみしか面識がありませんでした。
なんでもベアトリーチェ宛の荷物を渡す依頼が以前にあったからだそうです。カネルの能力考えれば造作もない依頼だったそうですが、カネル曰く「荷物渡した後で延々とどうでもいい話をされた」とのこと。ちなみにベアトリーチェ曰く「どうでもいい話ではない!昨今の物語別に恋愛情勢を話しただけではないか!(`Д´*)9」だ、そうです。つまり恋バナを聞かされていたようです。男のカネルにしたらつまんなかったかも知れませんね。f(^^;)

ひぐらしですか・・・行くとしたなら「口先の魔術師」の称号の人に会ってみたいですね!(^∇^)
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

まとめtyaiました【海猫を「海にいるネコ」と思うのは誰しも通る道だと思う】

やっとこさ及第点の出来になったので、スマートフォン版のテンプレートを変えた茶うさぎです。ちなみにTOP絵はダレさんにしました。拍手ボタンをリストラされたので再就職したことで... まとめwoネタ速neo - 2012.05.06 05:55

プロフィール

Author:茶うさぎ
【ハンドル名】茶うさぎ
【タルパの数】 二名
【タルパの状態】 いちおう感がぬぐえない視覚化・聴覚化・触覚化。
【導入技法】絵を描く、依り代使用などなど。
タルパ歴は五年ほど。未熟者ですがよろしくお願いいたします。

当ブログリンク

当ブログはリンクフリーです。トラックバックもお好きにどうぞ。(トラックバックURLを使用すると通知がされ、当ブログの最新トラックバックに反映されます。FC2以外の他ブログサービスでも適用されます。)
URL :http://tarupazuki.blog.fc2.com/

タル好きバナー

ブログサービス始めました。↓
タルパ出張!バナー
サービス詳細はこちら↓『《ブログサービス》タルパ出張!挿絵代行サービス』
track feed

お問い合わせ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。