スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:スポンサー広告 

手厳しい茶色のワクワクさんによるデッサン講座~道具編~

トラックバックがいつの間にか追加されていますね、茶うさぎです。ブログやったことない方だとなんのこっちゃとなることでしょうが、要するに「この記事を参照にさせてもらったよー。」と参照元のブログに通知するシステムです。( ̄▽ ̄)b
まぁ他所でこのブログが紹介されたんだな、とでも思っておいてください。相手先の様子が見たい方は最新トラックバックからご覧くださいませ。
しかしまー、トラックバックがくるのはタルパブログからしかないだろうと思ってたらまさかの普通のサイト様からですよ!・・・世の中、こんな駄文を気に入ってもらえるもんなんですね・・・。色んな人がネットを使っているんだと改めて実感しますね。(・_・)


さて今回は、お待たせしました!タルパー向けデッサン講座ッ・・・の、第一部です!!(⌒∇⌒)ノ
まずこのデッサン講座は「デッサンなんて学校のほんのちょっと美術の時間に習っただけ!・・・だからMyタルパなんてとてもじゃないけど描けないよ!(´・ω・`)」な方向けにしたかったので【道具編】【実技編】【応用デッサン編】に分けて書くことに致しました。分けて細かく説明した方が分かりやすいかなー、と思いましたので。
【道具編】ではデッサンに使う主な道具の説明です。って言ってもこの三部ではポピュラーな鉛筆デッサンしかやりません。木炭デッサンや銀線デッサンではまた違うものが必要になってきますので、それらはまた別途どこかでご紹介することにいたしましょう♪
【実技編】ではデッサンにおいての考え方や進め方の簡単なまとめです。多分ここが一番語気が強くなってしまうんだろうなー、私。(;´Д`A
【応用デッサン編】ではタルパと言う肉眼では捉えにくいものをいかにして描いていくか、をテーマにしたいと思います。実際のデッサン課題でも想像デッサンって言って、そこにはないけど記憶を頼りに描いていく、非常にタルパ絵を描くことに似ているものがあるのでそこら辺を紹介して行こうかなーと思います。


よし、目処を立てたところでデッサンに使用する道具達をご紹介
致しましょう!これらが私が実際に使用している道具です↓

デッサン用具集


①スケッチブック
と、言うかまず描く紙が必要ですよね。(´v`;)
私は結構色んなタイプを使いますね。本格的に描くならケント紙、水彩紙、四つ切り画用紙。簡単にただ描きたいだけならコピー紙、チラシの裏、カレンダーの裏、落書きちょう・・・。
そういや昔、落書きノートにデッサンしてたら急にクラスメイトから「ノートに描くレベルじゃねーだろ!(*`皿´*)ノ」と誉め言葉なのか貶(けな)し言葉なのかよく分からないこと言われたなぁ・・・。

②クロッキー帳
これは見たことない方が多いかもしれませんね。コピー紙並みのペラッペラの紙に方眼が印刷されています。
クロッキーとは簡単に言えば対象の動きや雰囲気に特化した描き方、とでも今は言っておきましょう。v(^∀^*)
このクロッキー帳は要するにデッサンに行う前にする予行練習を行うものです。いきなし本描きデッサンだとデッサン狂いの修正が大変な作業になりますよ?( ̄ー ̄)ニヤリ

③鉛筆
これも必須品ですね。プロ、アマチュアを問わず人気なのは「uni(ユニ)®」、「Hi(ハイ)-uni®」、「ステッドラー®」の三種ですね。
一本あたりの相場は、ユニ、ステッドラーは100円、ハイユニが150円位ですかね。ユニは一般的にも一番メジャーな商品ではないでしょうか。小学校時代にお世話になった方も多いのでは?(^∀^)ノ
あったかみのある、滑らかな描き味が特徴です。
ハイユニはユニをグレードアップさせた、粒子が細かく、滑らかな描き味です。同じものでもユニより色がしっかり出ますよ。
ステッドラーは外国メーカーでも国内の鉛筆に負けず劣らずの評判の高い鉛筆です。ユニシリーズと打って変わって、鋭い描き味が特徴です。芯が硬めで、細かい部分の描き込みに適しています。
・・・まぁ、デッサン初めてっておっしゃるのであればユニをお勧めします。スターターセットとしては、2H、H、HB、B、2B、4Bで大体のものは描けますよ♪
記号はそれぞれ、HはHard(和訳:硬い)、FはFirm(和訳:引き締まった)、BはBlack(和訳:黒い)の頭文字です。これらの違いは黒鉛と粘土の配合量の差です。H系統が粘土量が多く、B系統は黒鉛が多いってこと。だから強度のある粘土量の多い2Hは芯が細く、色が薄くて、4Bは色味である黒鉛が多いから芯が太く、色が濃いってワケなのです。( ̄▽ ̄)b
両端が10H~10BですがこれにプラスしてE(Extraの頭文字。和訳:番外の)B、EEBなんていうバケモノクラスの濃さがありますが、まぁ両端に行くほど「なんじゃこりゃ!」っていうくらいの濃さ(or 薄さ)なので全種類揃える必要はありません。聞いちょるか!ヘ(* - -)ノ≫全種類揃えたのに使いこなせなかった親友

④鉛筆ホルダー
昔使ったことある方もいらっしゃると思いますが、これは画材の消耗対策に一役買ってくれますよ!(^-^)
デッサンをどんどんこなしていく度にみるみる鉛筆が減っていきます。当たり前だけどね。(-"-)
でも鉛筆がちっちゃくなったたんびに鉛筆を捨てていくと結構金銭的な負担になりますよ。
ホントは種類ごとに揃えるのがベターですが私もそこまで揃えてませんのでこれ以上の発言はよしておきましょう。(;^_^A アセアセ・・・
だってそれより鉛筆を補充したいんですもん☆←おいこら!

⑤カッター
カッターは主に鉛筆を削るためですね。「鉛筆削りじゃダメなの?」と聞かれるとそれはちょっと・・・;° °)といったとこですね。
なんでかってーとデッサンにおいて広い面を塗る時は鉛筆を寝かせて塗るのには露出している黒鉛部分が狭すぎるのですよ。だからデッサン用に使われている私のも鉛筆削りで削ったものより黒鉛部分が露出しているでしょう?
コツとしては角を削り落としながら回していく感じです。・・・って言っても、デッサンの先生に「お前三年通ってて絵は変わったのに、削り方は下手なまんまだなー。」と言われた私が言ってもしゃーない(仕方ないの意。)なぁ・・・。(-"-)←三年間ずっと気づかなかった

⑥練り消し、プラスチック消しゴム
デッサンにおいて欠かせない存在でしょう!
しかし単なるプラスチック消しゴムが‘消す’のが役目に対し、練り消しは画面を‘明るくする’のが役目だと思ってください。完全に消すのには練り消しは不向きです。
ちなみに画面向かって右がほぼ未使用のもの、左がいつも使っている方です。このくらいの汚れでもまだまだ使えますよー。

⑦擦筆
こすってグラデーションをつけるのに便利です。んでも私はティッシュと綿棒で代用しちゃうから対して使わないんですよね。あは。

⑧紙やすり
「鉛筆の先端尖らせなきゃー!でもめんどくせー!」ってな方にお勧めです。簡単に先端が削れるのでデッサン時間の短縮に使えますよ♪

⑨スケール
四分割の線が縦横入ったものです。A版、B版対応のものがあります。これはデッサンに手慣れた方でもよく使うので初心者にお勧め!(⌒∇⌒)ノ
んでもまぁ大概売られているのは画材店しかありませんがこれは手作り出来ますよ!

いるのはハガキと糸とセロハンテープのみ。私の用意した年賀ハガキはどうやらA6サイズなので今回出来上がるのはA版対応のスケールが出来上がる寸法です。

さてさて、最初に端から均等に距離をとって線を引いてみましょう。今回は端から1センチずつとってみました。



次にとったワクに沿った四分割の線を縦横それぞれ引いてみましょう。
おおっと!いるのは三角定規でOKですよ!?実はわざわざ幅を測らなくても、等分する方法があるんですよ!今回はそれもご紹介致しましょう!知っといても損はありませんよ♪

均等な分割線の引きかた


ええい、図が汚いとか言うんじゃあーりませんよ!ι(`ロ´)ノ
今回の記事がタルパ皆無なので無理やりひっぱりだしました。ご苦労だった!もう帰っていいよ!≫ダレさん

1.枠の対角線を描くと中心点が出ますよね?そこに垂直線を引くと2分割になります。4分割にするときは一気に5に進んでください。

2.2分割したものにさらに対角線を引きます。

3.んで、元々の大枠の対角線をさらに引くと交わった2箇所が3分割の中心点になります。

4.その2箇所に垂直線を引いて、他の線を消すと3分割の出来上がりです。

5.先の2分割にさらに対角線(2.にて引かれた対角線のもう一つの対角線)を引くと4分割の中心点が現れます。これに垂直線を描くだけ♪

6.この4分割にさらに対角線をそれぞれ引いてみましょう。

7.そして元々の大枠の対角線をさらに引くと交わった4箇所が3分割の中心点になります。

8.そこに垂直線をおろして余分な線を消すと5分割の出来上がりです。

簡単でしょ?ヾ(*´∀`*)ノ
元々これはパースペクティブ、とどのつまり遠近法を使用した透視図やアニメ背景によく使用される方法です。長方形、正方形を問わず使えますのでお試しあれ。

さて、スケールの話に戻りますが、縦横4分割した後はこんな感じになるはずです。↓



あとは中をくりぬいて、糸をぴんと張った状態で4分割の線に合わせてセロハンテープで固定すれば完成です!




さて。「こんな枠が一体どうやってデッサンの役にたつのかしらん・・・?(・・*)??」とお思いの方が沢山いらっしゃることでしょうからスケールの簡単な使用方法をご説明致しましょう。
先程私は「A版、B版対応のものが~」とスケールの時に言ってましたよね?つまりスケールはわざわざ紙のAサイズ・Bサイズに合わせて作ってあるってことですね。なんでかって?

スケールとは覗き込んだ画面を紙の補助線と照らし合わせながら拡大・縮小を正確に行うことを補助する道具です。
ちょっと前記事の画像が残っていたのでそれをスケールで覗いたと思いながら見てください。ちょっと線がずれていませけどね。アセアセ... ( -`Д´-;A)↓




この画面を紙に描き写すとしましょう。
このときに紙にスケールと同じく4分割の補助線を引いておきます。んでこのスケールをA版対応だとします。例え描き込む紙がA0やA6サイズだろうとA版の比率は変わりません。黄金比ってやつです。詳しく知りたい方はまた後で。
だから紙の補助線とスケールの線が比率がまったく一緒な訳です。
そこで・・・そうだなぁ、例えば上の図を見ると中央の交わった線にベアトリーチェの耳の輪郭線が来ていますね。後ドレスの折れ目が最下段最左の補助線の斜め左上にありますね。それに戦人の頭のてっぺんの上を上から二段目の補助線がはしってますね・・・と、こんな感じでブロックごとに何がどのようにあるのかが考えることが出来ますね。こういうポイントに気づけるかが、デッサンの重要な部分です。形をきちんと捉えられているかってこと。( ̄▽ ̄)b
後はその気づいたポイントを補助線を参考にして描いていくだけです。


はぁ・・・道具編だけでもとんでもない長文だな・・・。これが実技編になるとまた長文になるんだゼ・・・たぶん。(-"-)

ま、今回はこの辺に致しましょう。それではさよ~なら~。(*´∇`)ノ
スポンサーサイト


いつも閲覧ありがとうございます。
ポチッと押してタル好きの活性化に一役貢献お願いします。ヽ(´▽`)/♪↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

web拍手 by FC2

Tag:為になる(?)メイキング  Trackback:1 comment:4 

Comment

14番 URL|
#- 2012.05.16 Wed04:35
おおお……すげぇ……ホントに絵を描いてる人ってすげぇ……
頑張れば紙に線を引くやつはできそうな気がします!がんばります!
それにしても……ちゃんとした道具を買ったら上手くなるかなぁ
茶うさぎ URL|
#nMatBX3I Edit  2012.05.16 Wed20:20
≫14番さん

"d(-x・)チッチッチ

道具、てか画材も確かに重要ですが、絵を描く上で画材のせいにして「上手く描けない」は、自分にとって「良い訳」です。私の先生や私がよく好んで使う言葉です、絵を上達させたい気持ちが少しでもあるのであれば、頭の片隅に置いといてほしい言葉です。…言い方キツくてごめんなさい。(/ー ̄;)
でもホントに道具のせいにする人が多いんだ。上手く描けない歯がゆい気持ちは分かるが、このドツボにハマるとちっとも上達しないので油断すると痛い箇所です。

んじゃまぁちょっとした話をしましょうか。
シュルレアリズム(和訳:超現実主義)のサルバドール・ダリって芸術家がいたんですよ。代表作は「記憶の固執」っていう溶けた時計が木に引っ掛かった絵ですかね。大概の美術の教科書に載ってますよ。(⌒‐⌒)
で、そんなダリに食事を持ちかけた方がいらっしゃいました。その方はダリと食事を取りながら「新しくお菓子を売りたいので、そのお菓子のデザインを製作してほしい。」と仕事を頼みました。お菓子のイメージや仕事の期限を説明していると、ダリは机にあった紙のナプキンを手に取り、メモを取り始めました。
しばらくしてから手を止め、「引き受けよう。もう出来た。」と、ダリが先程のナプキンを渡しました。依頼者がそのナプキンを見るとあぜんとしました。だって見事な花をあしらったロゴマークがあったのですから!しかも描き出したのはほんの数時間ですよ!

その後、依頼者はデザインを一目で採用して、新発売のお菓子のロゴマークになりました。
…そのお菓子とは、今なお愛され続けている『チュッパチャプス』なのです。おしまい。


ね。真の絵描きは道具や場所を選ばないでしょ?(⌒‐⌒)

14番 URL|
#- 2012.05.20 Sun01:14
ほおぉ……あのあめちゃんにそんな裏話が……
いやぁ参考になります。その通りですねぇ。

最近忙しさにかまけて描けてないからなぁ……
「いいモノを買っちゃったら『こんな高いの買ったんだし……』効果で描くかなー」とか思ってましたけど、そら上見たらキリがないですからね。
とりあえず、最近購入し非常にお気に入りの芯ホルダーで裏紙にガシガシ描いていきたいと思います!継続は力なり!
茶うさぎ URL|Re: タイトルなし
#caQpa0Ow Edit  2012.05.20 Sun20:58
≫14番さん

・・・ちとその無理して描く姿勢は良くないですね。^_^;
なぜかと言うと私が気の乗らない時は描くのをやめる派だからです。(爆)
まぁほら、学習意欲がない時に無理して知識詰め込んで後で使えるかっていったらそうでもないでしょう?テスト勉強とかさ。無理は禁物ですよー。

芯ホルダーですか。変わったの使いますね。(・・;)
ありゃ製図などの作図に本来使うものですからね。けど実際デッサンにも使っている方がみえるか。
高い画材だったら日本画や油彩ですね。あれはホントに金食いだ!o(T△T=T△T)o
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可

Trackback

Trackback

まとめtyaiました【手厳しい茶色のワクワクさんによるデッサン講座~道具編~】

トラックバックがいつの間にか追加されていますね、茶うさぎです。ブログやったことない方だとなんのこっちゃとなることでしょうが、要するに「この記事を参照にさせてもらったよー... まとめwoネタ速neo - 2012.05.12 08:27

プロフィール

Author:茶うさぎ
【ハンドル名】茶うさぎ
【タルパの数】 二名
【タルパの状態】 いちおう感がぬぐえない視覚化・聴覚化・触覚化。
【導入技法】絵を描く、依り代使用などなど。
タルパ歴は五年ほど。未熟者ですがよろしくお願いいたします。

当ブログリンク

当ブログはリンクフリーです。トラックバックもお好きにどうぞ。(トラックバックURLを使用すると通知がされ、当ブログの最新トラックバックに反映されます。FC2以外の他ブログサービスでも適用されます。)
URL :http://tarupazuki.blog.fc2.com/

タル好きバナー

ブログサービス始めました。↓
タルパ出張!バナー
サービス詳細はこちら↓『《ブログサービス》タルパ出張!挿絵代行サービス』
track feed

お問い合わせ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。